チンチラーズとその仲間たち

jolene.exblog.jp

カテゴリ:海外ドラマ映画( 6 )

アダムランバート!!!Adam Mitchel Lambert

初来日の時に大阪公演に行ったけれど、
来年1月三度目のソロライブツアーで日本に来る!?((((;゚Д゚)))))))

いきたいーーーーーーー!!!!!!

大阪公演ーーー1/12!?
でーーもーーー火曜日ーーーー(T_T)
行っちゃうべきか……
我慢すべきか……
悩むところですが行っちゃいそう……
e0233555_21321664.jpg

[PR]
by jjolene | 2015-10-09 21:29 | 海外ドラマ映画 | Comments(0)

ボストンリーガル

DVD買ったので、
大好きな法廷ドラマ「ボストンリーガル」を観てます。
チンチラショアさんの名前と同じ、
ジェームズスペイダー演じる危ない弁護士アランショア。
e0233555_21592772.jpg
上司に軽くたてつき、
おちょくる姿に大笑い!( ̄▽ ̄)
イイわ〜ショア!!!

[PR]
by jjolene | 2015-08-25 21:56 | 海外ドラマ映画 | Comments(0)

正月みた映画

かぐや姫と、ゼロ・グラビティを観にいきました。


ゼロ・グラビティは久々のヒットで、何度か涙するシーンも。
ジョージクルーニーは本当にセクシーで深い俳優。

サンドラブロックは昔からファンなのですが、
今回の映画ではかなり体を絞ったようで、
更に美しくなっていて、そこも見所のひとつ。
宇宙での音のないあの世界も耳にキーンと響いた。音がないのにね。
決断、生きる喜び、など、同世代だからこそ理解できる部分も多い。
彼女はコメディも、シリアスも、アクションも、ラブストーリーもすべてこなせるいい女優。

ラジー賞を取ってしまった時も、
ハルベリー以来、二度目となる授賞式出席だったが、
それもかなり好評価。
スタッフ的には授賞式出席は『やめてくれ!』って感じなのでしょうが、
ファンにとってはかなりのイメージアップ。
度胸のあるネエサンである。


高畑勲のかぐや姫は、描写はすべて美しく、うっとり。。。
一番美しいと感じたのは、翁の表情か。
かぐや姫ではなく、翁の表情がどのシーンを観ても美しかった。
老いているのにすべて瑞々しい。。。。
それに反してかぐや姫は、若くかわいらしいが老いているかのように平面的に感じる。
都を野山を駈けるシーン以外は。

ストーリー的には、誰もが幼少から親しんでいる物語なので、驚きはないが、
かぐや姫だけが現代人だったような気がする。
かぐや姫だけが、人生を生きていない、そんな違和感を感じた。
まあそれもそのはず、月の人間なのだから無理もないのか。
食べて生きぬく という極当たり前の事で苦労することもなく生きているのだから、
自然のままに捨丸と共に苦労して生きて疲れて朽ちてゆくことに憧れを持ち、
自分の安易な発言で求婚者が破滅、死んでゆくことも止められなかった。
安易に月の住人へ助けを求め、戻らなくてはいけなくなったかぐや姫は『幼稚=無垢』だったのだろう。

アニメのヒロインとはいえ、
同性だから評価がキツイかと思われるかもしれないが、
時代は異なれど、
ゼロ・グラビティのライアンストーン博士は人生を切り開き、
かぐや姫は人生を切り開かなかった
そこが彼女たちの運命の分かれ道、評価の分かれ道なのかと。


余談ではあるが、
お歯黒っていうのは既婚女性だけがするものと思っていたが、
高貴な身分の女性は、既婚も未婚も関係ないのか。
まあ、まれに男性もお歯黒にしていたそうではあるが。
歴史はさっぱりで、大嫌いなのだけど、
こういう民俗的な部分は大好物である。
大江戸博物館また行きたい。
[PR]
by jjolene | 2014-01-04 01:12 | 海外ドラマ映画 | Comments(2)

今更 ゴシップガール

今更なんですが、
ゴシップガールという海外ドラマにはまっています。

ストーリーは引き込まれることもなく、
学生のチャラくてゴージャスなセレブな若者ドラマなわけですが、
傲慢でダーク、繊細なチャック・バスという役の俳優が異彩を放っています。

いっやー
いいわーーーーー
『ボストンリーガル』のアラン・ショア以来のいい感じにアクのある役だわー
たまらーーん!!!!!!

e0233555_2356731.jpg

e0233555_23561781.jpg

e0233555_23562790.jpg


で、どうやら、自分の俳優の好みがわかってきた。
俳優ではないけど、アメリカンアイドルの審査員だったサイモン・コーウェル、
ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン、
ブリジットジョーンズの日記のヒュー・グラント、コリン・ファース、
ゴシップガールのチャック役、エド・ウェストウィック。
全員好きだ!
つまり、イギリス人が好きってことか!?
アランショア役のジェームズスペーダーはボストン生まれでアメリカ人だが。。。。。
[PR]
by jjolene | 2013-09-23 00:05 | 海外ドラマ映画 | Comments(0)

風立ちぬ

行ってきました。
風立ちぬ。

e0233555_20312651.jpg


男女でかなりの温度差を感じる作品です。

監督の引退表明を受けて、
急遽予定していたウルヴァリンをやめ、
紅の豚をテレビで放映するとか。

飛行機ネタということででしょうね。
個人的には紅の豚の方が心打たれました。

ジーナ役の加藤登紀子、
ポルコ役の森山周一郎、
はまり役でした。
曲もすばらしかった。

風立ちぬのように、
現実味のあるストーリーになると、
やはり最後まで綺麗にまとめることは無理があるのではないかと。
声優も、やはり素人ではきつい。
主人公の次郎の同僚のホンジョウは年相応の顔と声だったが、
次郎はかなりの童顔で、庵野監督の声はやや老けている。

まあ、でも、
相変わらず、
風景やアングルはすばらしいジブリ作品でした。
空はどのシーンも美しかった。
[PR]
by jjolene | 2013-09-02 20:41 | 海外ドラマ映画 | Comments(2)

ミディアム アリソンデュボア

ケーブルテレビを解約し、長く海外ドラマ断ち生活を送っていましたが
オットが、人気ドラマや映画観放題の通信サービスhuluに加入しまして、
iPhoneでいつでも好きな時に観ている毎日です。
待ち合わせまでの数十分、外出先で、見逃していた海外ドラマを観られる。。。
うれしい。

今観ているのは霊能力ミステリー ミディアム アリソンデュボアのシーズン4。
観るまでは馬鹿にしていたドラマですが、
これがまた構成力がすばらしい。
毎回飽きないストーリーでぐいぐいみせてきます。
バラバラで小出しにしてくる夢のパズルピース。
これらを現実と結びつけてくる構成がすごいんです。
今更な感想なんですが面白い。
アリソン役のパトリシアアークエット、はまり役です。
このドラマのいい所は、メインキャストが美形ではないという所も大きいかと。
デュボア夫妻、おせじにも美男美女とはいえず、
アリソンに至ってはスタイルもややメタボ…
アメリカ人特有の、誰にも譲らない自己主張で喧嘩も激しい。いつも言い合い。
普通なら完全に崩壊する夫婦生活だと思うのだけど、
この夫婦の絆は強く、良き妻であり、良き夫である。
そこがまたツボ。

三人の娘も、長女のアリエルは成長するごとにかわいくなってくるし、
次女は肥満で変わり者。三女はかわいいけど存在感薄い…
そこがまたツボ。

シーズンが変わり、シンシアというキャラクターも登場するが、
やたらガタイがよくて顔の骨格もすばらしい。
懐かしい顔だが誰だっけ?と悩んでいたが、骨格で思い出した!
アダムズファミリーに出てたアンジェリカヒューストンじゃないか!?^^;
顔じゃなくて骨格で思い出すあたりがなんとも……

話がそれたが、このドラマ、
ミステリー部分も面白いのですが、
この一家この先どうなるの?こんな夫婦いいね。と思えるところがミソなんです。

個人的には夫ジョーの仕事の話が絡んでくるストーリーが絶妙で好きなのです。

今更ですが、おすすめ海外ドラマです。

実在の、アリソンのモデルとなった霊能力捜査官のインタビューを発見。
http://ehara.hiro6.com/?cid=26881
信じるか信じないかはひとそれぞれ。
ちなみに私は単純にドラマとして楽しむ  普通の視聴者です^^
[PR]
by jjolene | 2012-05-04 13:16 | 海外ドラマ映画 | Comments(0)